日本の古典

日本の古典ばかり集めてみました。古事記から枕草子まで・・・いや、までじゃなくって・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

桃尻語訳 枕草子〈下〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
驚異の名訳ベストセラー、ついに文庫化!―その下巻は、第百八十七段「風は―」から―第二百九十八段「『本当なの?もうすぐ都から下るの?』って言った男に対して」まで。さらに、「本篇あとがき」と、「別のヴァージョン」一から二十七までを併録。

内容(「MARC」データベースより)
1987年に上巻を世に問い、古典の現代語訳の常識をくつがえしてベストセラーとなった橋本古典学の原点の完結篇。生きた訳文によって、清少納言の描写の細部から平安朝の風俗・歴史まで誰にでもわかる傑作。* --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

まろ、ん?―大掴源氏物語 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
これ1冊で『源氏物語』全部を読んだ気になれる!著者曰く、『源氏物語』の世界をより知るにつれ、のめり込んで面白くなり、たくさんの方々に是が非でも伝えたくなってしまったい、衣装など時代設定もおろそかにはできなくなり、気がついたら構想から6年、制作の実作業に3年もかかってしまいました。それだけにこの書は必読です。一帖8コマ、全54帖。解説もまじえ、オールカラーかき下ろし。

内容(「BOOK」データベースより)
『ブッタとシッタカブッタ』でおなじみ1帖8コマ、全54帖の大掴源氏物語。解説もまじえ、オールカラーかき下ろし。

古事記 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
神々の誕生から人の世へ-。こうして日本は始まった。古事記に登場するさまざまなトピックに関して、ゆかりのある風景の写真とともに紹介。読解に必要な単語などもていねいに解説する。

出版社からのコメント
 『日本の古典に親しむ4 古事記』お楽しみいただけてますでしょうか。昨年10月からスタートしたこのシリーズは、はや4冊目をお届けしているわけですが、「古事記」の世界もなかなか面白いですよ。といいますのも、話の面白さもさることながら、古事記ゆかりの舞台の実に多彩なこと。
 今回、編集するにあたっては、カメラマンを一人派遣して新規撮影を敢行しました。東京を出発したカメラマンは、まず奈良・大阪を撮り、大阪港からフェリーに乗り、一路九州へ。高千穂を中心に南九州を撮了したら、九州を北上し中国道から島根方面に転じ、出雲の神話世界を撮り、宮津を経て琵琶湖湖畔に出て、中央道を諏訪経由で帰京するという実に2000キロを走破する17日間の撮影取材に取り組んでくれたのです。
 疲れきったカメラマンの「体の芯から疲れました」という一言には、彼の着ている薄汚れたジャンパーとともに、取材の大変さが実感としてこもっていました。
 一番感動した景色について訪ねると、島根県の美保関で見た光景だといいます。私も同じ風景を見たことがあるのですが、日本海のどんよりとした厚い雲が、ほんの一瞬割れて波立つ海にひと筋の光を射すのです。もとより天気の変化など人智の及ぶものではなく、まさに神さまのいたずらのような神々しい景色が、ものの何分か続くのです。天気の悪い時ほど、その感動は大きなものになります。カメラマンが訪れた時も荒天で、波しぶきと雨とを浴びながら、ひたすら海を見つめていた時に、その奇蹟は起こったそうです。
 取材の折々にそんな不思議な体験をします。そうしたカメラマンの労作をふんだんに盛り込んだ『日本の古典に親しむ4 古事記』は、読まずに写真を見ていただくだけでも楽しめるのではないかと思います。まあ、もちろん読んでもいただきたいですが……。

椿説弓張月 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
江戸時代後期の作家、滝沢馬琴の出世作。大ベストセラーとなり、浄瑠璃や歌舞伎にもとりあげられてヒットした。物語は、伊豆大島に流されて死んだはずの源八郎為朝が、実は生きていて、やがて琉球に渡り、王家の内紛で大活躍するという波瀾万丈の活劇ドラマ。『御宿かわせみ』などで知られる時代小説作家、平岩弓枝の現代語訳が、いきいきとその面白さを伝える。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平岩 弓枝
1932年、東京都に生まれる。日本女子大学文学部国文科卒業。長谷川伸、戸川幸夫に師事して小説家をめざし、1959年、『鏨師(たがねし)』で直木賞受賞。その後、時代小説・現代小説・ジュニア小説、また、テレビドラマの脚本と幅広く活躍し、NHK放送文化賞(1979年)、日本文芸大賞(89年)、吉川英治文学賞(91年)などを受賞、97年には紫綬褒章を受章した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

今昔物語集―本朝部〈上〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
全篇の冒頭が「今は昔」で始まる,平安末期に成立した説話集の最高峰.天竺(インド)・震旦(中国)・本朝(日本)の3部構成で,それぞれ仏法篇,世俗篇に大別される.仏法篇は釈迦の誕生から日本への伝来を物語り,世俗篇は人間の様々な生態を描き尽くす.本文庫では「天竺・震旦部」1冊,「本朝部」3冊に約400話を抄録.

内容(「BOOK」データベースより)
全篇「今は昔」で始まり乾いた筆致で仏と人間の世界を描き尽くす、日本説話文学の最高峰。天竺(インド)・震旦(中国)・本朝(日本)の三部構成になっており、本文庫では「天竺・震旦部」一冊、「本朝部」三冊に約四〇〇話を抄録。

あらすじで読む日本の名著―近代日本文学の古典が2時間でわかる! (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
明治から昭和にかけての日本文学の名作二十八編をあらすじで収録。

内容(「MARC」データベースより)
浮雲、金色夜叉、五重塔、たけくらべ、高野聖、不如帰、高瀬舟、李陵など、明治から昭和にかけての日本文学の名作28編をあらすじで収録。読み損ねたあの作品も、夢中になったあの物語も、これ一冊で網羅できる!

英語でよむ万葉集 (新書)

日経BP企画
英語でよむ万葉集
 英語を母語としながら、現代日本語文学の作家として活躍する著者が、独自の感性で万葉集の約50首を英訳し、エッセイを加えた。 例えば、「田児の浦ゆ うち出でて見れば 真白にそ…」の歌。「真白に」だけならばpure whiteでいいが、驚きと畏敬がこもった「真白にそ」を表現するため、white, pure whiteと訳した。「あをによし 奈良の京は 咲く花の にほふがことく 今盛りなり」という歌では、「今盛りなり」の訳語に花と同じ語源を持つflourishを選んだ。自然の美しさ、明るさを比喩に、自文化をおおらかに主張する原作の雰囲気を上手に伝えている。 英語で読むことで、万葉集が描き出す雄大で厳かなイメージが、より一層広がるように感じられる。
(日経ビジネス 2005/02/21 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)


内容(「BOOK」データベースより)
「万葉集にたどりついたとき、古い日本語というよりも、とても新しい文学に出会ったという不思議な感じがした」英語を母語としながら、日本語作家として現代文学をリードする作家の感性が、英語という鏡に古代日本語の新しい姿を映し出す。全米図書賞を受賞した名訳から選りすぐった約五〇首の対訳に、作家独自のエッセイを付す。

古今和歌集 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
紀貫之ら四人に勅撰和歌集作成の命が下ったのは延喜五(九○五)年のことであった.『万葉集』以後長いあいだ,公の席では漢詩文が隆盛を極めていただけに,選者たちの喜びは大きかったに違いない.約十年の歳月をかけ,古今の和歌を精選して成った.作風は万葉風にくらべ理知的・内省的で技巧に富み後世に絶大な影響を与えた. --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
紀貫之ら4人に勅撰和歌集作成の命が下ったのは905(延喜5)年のことであった。『万葉集』以後、公けの席での漢詩文隆盛の中で、はじめて「やまとうた」を選ぶ貫之たちの喜びは大きかったに違いない。10年の歳月をかけ古今の和歌を精選して成った。作風は万葉風にくらべ理知的・内省的で技巧に富み、後世に絶大な影響を与えた。

源氏物語 新装版〈巻7〉 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
最愛の女(ひと)を失った源氏が迎える人生の終幕。
瀬戸内寂聴の名訳で贈る大ヒット話題作 待望の新装版、巻七刊行

不義の子を産んだ女三の宮が出家し柏木は病死。夕霧は柏木の未亡人・女二の宮への恋に迷う。最愛の紫の上に先立たれた光源氏は悲嘆の末、ついに出家を決意する。光源氏亡き後、出生の秘密に悩む女三の宮の子・薫と明石の中宮の子・匂宮を中心に、新たな物語が始まる。

内容(「BOOK」データベースより)
不義の子を産んだ女三の宮が出家し柏木は病死。夕霧は柏木の未亡人・女二の宮への恋に迷う。最愛の紫の上に先立たれた光源氏は悲嘆の末、ついに出家を決意する。光源氏亡き後、出生の秘密に悩む女三の宮の子・薫と明石の中宮の子・匂宮を中心に、新たな物語が始まる。

新版 古事記物語 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
日本の心。日本人の原点にいま立ち返る。

あらゆる訳の中で、もっとも分かりやすく美しい鈴木三重吉版古事記が、多数のリクエストにより復刻されます。端正で力強い日本語は音読にも最適です!



内容(「BOOK」データベースより)
大正8年童話誌「赤い鳥」に発表して以来、長年愛され続けてきた歴史童話。愛する妻イザナミを追って黄泉の国を探すイザナギの物語「女神の死」。知恵と勇気にあふれたヤマトタケルの冒険「白い鳥」など、力強く美しい神話世界がここに蘇る。日本を代表するもっとも分かりやすく美しい古事記入門の書である。音読にも最適。

台東紀行> <東京ぶらぶら> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <鶯谷・うぐいすだに> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <美容外科> <墨田区紀行> <高収入バイト情報

oooリネージュIIクロニクル5ooo もっと知りたい!練馬区ooo 夏はプールだ千葉特集ooo よい街、品川ooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ショッピング 検索ooo 巣鴨で散策!ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉の駅集めましたooo 千葉文化ぶんか!ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo アメ横一番!ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 千葉スポーツ施設MAPooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo